長所は時に欠点にもなり得る

エントリーシートや履歴書では、
自分の「長所」や「短所」について記載する欄があったりしますよね。
真面目に自己分析してみたことがある方ならおわかりかと思いますが、
実は長所と短所は表裏一体。

 

例えば、「積極的にリーダーシップを取れるのが長所」だとしたら。
確かに、チームの中で誰か一人リーダータイプの人がいると
物事はスムーズに進むでしょう。
どんな集団でも、「まとめ役」「仕切り役」は絶対に必要です。

 

しかし、その性格があまりにも強く出過ぎてしまった場合はどうでしょうか。
「自分が一番」という自信が強すぎると、
やたらに仕切りたがって周りから反発を買うかもしれません。
それはもう、「リーダーシップ」ではなくただの「出しゃばり」・・・。
つまり、長所は度が過ぎれば短所にもなり得るということで、
やはり長所と短所は表裏一体というわけです。

 

数秘術の「習慣数」は、この欠点を明らかにしてくれる数字。
程度によっては長所なんだけど、
度が過ぎて全体のバランスが崩れると短所になってしまう、
そんな一面があることを教えてくれるのです。

 

人は誰でも、置かれた環境次第で
長所と短所が逆転する可能性を秘めています。
数秘術でそのウィークポイントを確認・自覚すれば、
暴走してバランスを大きく崩すこともなくなるのではないでしょうか。

習慣数別!あなたが意識すべき弱点

自分の数秘術チャートを作ってみよう
の項目でも解説していますが、
習慣数は姓名のアルファベットから簡単に求めることができます。

 

まず、紙に姓名をアルファベットで書き、何文字あるか数えます。
そして、その数字をまたまた足して一桁にします。

 

例 

 

MOMOKO SAKURAは6+6で12文字。
1+2=3 習慣数は3です。

 

それぞれの数字がどんな意味を持っているのか。
さっそく、あなたのウィークポイントをチェックしていきましょう!

 

 

習慣数1

 

自分の意志をしっかり持った人。
ですが、自己主張の強さが裏目に出ることも。
短気、せっかちな面もあります。

 

逆に、意思が弱く優柔不断、内気という形で
この数字の特徴が表れる場合もあるでしょう。

 

 

習慣数2

 

縁の下の力持ちタイプ。
人に気に入られようとして
自分らしさを見失ってしまう傾向があります。
自分の意志より相手の気持ちを優先してしまうので、
可能性を狭めてしまうこともありそうですね。

 

逆に、周りの気持に無関心で鈍感という形で
この数字の課題を抱える方もいます。

 

 

習慣数3

 

クリエイティブでアイデアが豊富ですが、
実行するより計画するほうが得意だったりします。
結局はカタチにならないまま終わってしまうことも。
おしゃべりで時間を無駄にしてしまうことも多そうです。

 

逆に、過度に悲観的で創造性を全く生かせない場合もあります。
コミュ障という形でこの数字の特性が表れることもあるでしょう。

 

 

習慣数4

 

地に足のついた考え方ができるリアリスト。
独りよがりな考え方に走りがちだったり、
自分のやり方に固執しがちなところが心配ですね。
全体的に、厳格になり過ぎるところが欠点です。

 

逆に、この数字の消極的な面が出て
自分の責任を果たさず人任せになるケースもあります。

 

 

習慣数5

いろんなことをこなせる器用な人ですが、
移り気で飽きっぽく、楽な方に流れやすい傾向があります。

 

リスクを恐れずに行動できるのが持ち味ですが、
この数字の消極的な面が強く表れると
逆に頭が固くて変化に柔軟に対応できなくなってしまいます。
いろんなことが中途半端に終わってしまう傾向もあるようです。

 

 

習慣数6

 

奉仕の精神が旺盛で、他者のために尽くす人。
しかし、人に干渉し過ぎて煙たがられることも多いようです。

 

また、この数字の消極的な面が強く表れると、
責任逃れをするようになります。
プロジェクトや約束を途中で放り出したりして
信用を失うこともあるでしょう。

 

 

習慣数7

 

分析力に長けた人ですが、
見方を変えれば理屈っぽく皮肉屋とも捉えられます。
自分の本心を見失いやすい傾向があるようですね。

 

また、この数字の消極的な面が強く表れると、
極端に批判的になったり神経質になったり。
一人になる時間が絶対に必要な人です。

 

 

習慣数8

 

場をまとめる力に長けていますが、
度が過ぎると単なる仕切り屋。
高圧的になりがちで、人を力で動かそうとするので、
周りから反発を買うこともありそうです。

 

逆にこの数字の消極的な面が強く表れると
自分に自信が持てなかったり、大きな決断ができなかったり。
野心的ではない自分を正当化する傾向があります。

 

 

習慣数9

 

クリエイティブなロマンチスト。
見方を変えれば夢見がちで現実逃避ぎみ。
自分に甘く、目標を見失いやすい傾向があります。
気分屋で感情の起伏が激しいタイプの人もいますね。

 

逆にこの数字の消極的な面が強く表れると
器用貧乏な人になりがち。
「これぞ!」と秀でたものがなく、
なんとなく人生を過ごしてしまうことになってしまうかもしれません。