よく気の利く縁の下の力持ち

 

2日、11日、20日、29日生まれの人の生まれ日は「2」。

 

このグループに分類される人々はとても共感性が高い人です。
生まれ日1のグループのように
「俺が!」「私が!」「自分が!」
と積極的に前に出ていくタイプではなく
むしろ「私は、裏方で」と一歩、二歩下がる人が多いですね。

 

いわゆる「縁の下の力持ち」というタイプで、
目立つ人のサポーター役に徹したほうが才能を発揮できますし、
本人もそのような生き方に喜びを見出す傾向があるようです。

 

一歩下がったところから状況を客観的に眺めることができる
冷静さを備えた人なので、状況判断力はピカイチ!
人の気持ちにも敏感なので、
カウンセラーとしての適性もあります。

 

が、敏感ゆえに気づかなくてもいいことにまで気づいてしまうのが
本人にとってはストレスになっているのかも。
人の気持ちや細かいことを気にしすぎる傾向もあり、
人間関係について過度に悩み過ぎてしまうこともあるようです。

 

また、気が利くがゆえに頼りにされることも多く、
人の仕事まで抱え込んでしまうことも。

 

あまりイザコザに巻き込まれず、
自分のペースで仕事を進められるような環境が理想的ですね。

2日生まれ 神経質なすり減らし女子!

生まれ日2のグループの中でも特に人の気持ちに敏感で、
周囲の影響を受けやすい人。

 

「和」を重んじるのでムード―メーカーにもなり得ますが、
人間関係でトラブった時には調停役になることも多いのでは?
人の犠牲になりやすい傾向もあり、
知らず知らずのうちに心身に負担をかけて
自分自身をすり減らしているのかも。
いかにイザコザが少ない環境に身を置くかが
心身のコンディションにもつながってくるのではないでしょうか。

 

非常に忍耐強く、繊細な作業で秀でた才能を発揮する人ですから、
そういった美的才能を伸ばすことを意識してみましょう。
美しいものに触れることで、
心身の緊張やストレスを癒し、自分を解放させるのです!

11日生まれ モテモテのロマンチスト

「1」が持つリーダー的資質を秘めた人。
ゆえに、自然のままで周りから注目を集めてしまうような
魅力的な人が多い数字です。
マスコミ関係や芸術関係、スピリチュアル関係など、
人の心を動かす仕事に高い適性があります。

 

また、11日生まれの人は
人や物事に惚れ込み、のめり込みやすい傾向があるよう。
美への探求心も強く、
現実世界では実現できないような夢を抱く傾向もあります。

 

いつもなんとなく夢見心地で、

 

「自分の生活は仮の姿だ」
「実は他にもっと使命がある」

 

なんて思いながら日々を送っているかもしれません。
マンネリから脱するには、
持ち前の美的センスを生かせる環境・仕事を見つけるのが一番!

20日生まれ 感性豊かなヒーラー

生まれ日2のグループの中でも、特に思いやり深い人。
自分のことをさて置いても
周りのことをよく見て気にかけている人で、
困っている人は率先して助けようとします。

 

とても感性が豊かで、スピリチュアルな分野にも興味深々。
ちょっと弱い立場の人に立って物事を見ることができる人なので、
セラピストや女性向けのコンテンツに携わる
カメラマンやライターなどでその才能を発揮することでしょう。

 

スピリチュアルな分野とは特に造詣が深く、
一生を通じて知識や技術を磨いていくような形になるはずです。

29日生まれ スピリチュアル大好き!な芸術家肌

2と9を足すと11。
これは、精神世界のインスピレーションを象徴するナンバーです。
ゆえに、29日生まれの方も、11日生まれさんと同様に
スピリチュアルな物事について非常に関心が高い方が多いでしょう。

 

ともすればふわふわとした人生になりがちですから、
地に足のついた生活(一定の収入を得る生活)を強く意識すべき。
興味のあること、やりたいことは
仕事とは別の次元で考えたほうが良いタイプです。

 

例えば、一般的な企業で事務の仕事をしつつ、
プライベートではアートを極めるとか
占い師としてイベントに出るとか。
そういった生き方で才能を開花させ、スポットライトを浴びることができるでしょう。

 

逆に、スピリチュアルだけを極めようとしてもうまくいきません。
現実世界と精神世界、両方のカギを手にしている人ですから、
そのバランスを取ることがとても大事なのです。

 

男女ともに愛らしい雰囲気をまとった人で、
品のある顔立ちをしています。
その存在自体が、一種のアート作品ともいえるかも!?