【使命・目的】創造性で世界を変える!

 

運命数「3」を持つ人は、とてもクリエイティブ。
創造性と熱意で世の中を変える、という使命を担っています。

 

クリエイティブな才能に加えて説得力にも長けているので、
プレゼン能力がスゴイ!
絵や言葉を駆使して人の気持ちを惹きつけ、
考えを変えさせてしまうような、パワフルな才能を備えているんです。

 

また、とても楽天的でおおらか。
一緒にいるとなぜだか元気になれる人なので、
性別や年齢を問わず人気者になれるはず。
「3」は統合を意味する数字でもあり、
様々な人や物事を一つにとりまとめる才能にも恵まれています。
人々のやる気を引き出す不思議な力を持っているので、
プロジェクトなどが停滞期にある時は
運命数「3」の人が大活躍するでしょう。

 

美味しいもの、美しい音楽、オシャレな服、
きらびやかなアクセサリー、洗練されたインテリア。
生活に彩を加えることを楽しむ人ですから、
日常的に出費は少々かさみそう。
ですが、基本的な金運にも恵まれる数字なので、
稼いで生活を鮮やかにするというシンプルな経済活動を楽しめる人です。

【仕事・才能】自分もみんなも楽しく!

運命数「3」の人は生まれついてのエンターテイナーなので、
自分も含めてみんなが楽しめるような仕事に適性があります。

 

例えば、マジシャン、ダンサー、デザイナー、イラストレーター、
ライター、コピーライター、漫画家、小説家、YOUTUBER、
フローリスト、ウェディングプランナーなど。
クリエイティブな発想を生かした作品で
世の中の人を楽しませる才能に恵まれているんです。

 

天性のもてなし上手でひとたらしでもあるので、
販売員や営業職にも適性がありますね。

 

ただ、おしゃべりになり過ぎて
お客さんからの信用を失ってしまうこともありそう。
その点は意識して注意しましょう!

【結婚】ユーモアをわかってくれる人が理想

基本的にはいつでも楽観的で、ユーモアを忘れない人。
パートナーも、そのユーモアを理解し
一緒に笑ってくれるような人が理想的ですね。

 

また、運命数「3」の人は日々の生活を楽しむことに
重きを置く人ですから、
過度に倹約家だったりする相手はNG.!
度重なる出費にも寛容で、
食事やインテリア、音楽などの趣味を
一緒に楽しめるような人だと末永く仲良しでいられるでしょう。

 

また、運命数3のルーズなところも
温かく受け入れてくれるような懐の広さも必要!
家事全般が苦手でズボラな傾向にもあるので、
そこを理解して「じゃあ、自分がやるよ」
と、(いやいやではなく)自然と思ってくれるようなパートナーなら
いうことナシです。

 

「妻とは、夫とはこうあるべき」
という固定観念の強いパートナーだと、
運命数3の人は疲弊してしまうでしょうし、
持ち味であるクリエイティビティも縮こまってしまいます。
なによりも、
「伸び伸びと好きなようにやらせてくれる人であること」
が結婚相手としては重要なポイントとなるんじゃないでしょうか。

 

もっとも、たとえとても計画的でカタい人であったとしても、
運命数3と一緒に暮らしていれば少しずつ角が取れて丸くなっていくでしょう。
そんな茶目っ気があるところも運名数3の人の魅力なんです!

現実と向き合う覚悟を決めて!

運命数「3」を持つ人は、好奇心旺盛で器用。
わりとどんなことも要領よくこなしてしまうので、
多才すぎるがゆえに気が散りやすいという欠点もあります。

 

また、一時的な快楽に心を奪われる傾向もあり、
忍耐を求められる泥臭い作業は避けることが多いようです。

 

才能にうぬぼれたり、ラクして儲けようとしたり、
楽観的に考え過ぎて散財したり・・・と、
自堕落な方向に走りがちなのも注意したいところ。
落ち着きなく次々に新しいことを求める傾向もあるので、
ひとつのことに根気よく取り組むことを学ぶ必要があるかもしれません。

 

運命数「4」の人の楽観性は多くの人を勇気づけるでしょうが、
単に現実逃避しているだけ、と見ることもできます。
不都合なこと、見たくないことにフタをしていませんか?
都合の良い現実だけを信じようとするところがあるので、
現実としっかり向き合う覚悟も必要です。

 

現実を認めたくないので、批判にも弱い!
劣等感を隠すために、あえて過度に陽気にふるまったり。
ですが、現実を受け入れない限り先へは進めません。
弱さもズルさも認めて自分のものとして受け入れられた時、
もっともっと、強くなれるはず!