【使命・目的】スケールのデカイことをやってのける!

 

あなたはなんのために生きているのか?
・・・そう聞かれて、みなさんはどう答えますか?

 

おそらく、多くの人は
「家族を幸せにするために」とか
「家族を守るために」とか
「〜になるという夢をかなえるために」とか。
そんな風に答えるんじゃないでしょうか。

 

しかし、運命数「9」の人の答えはちょっと違っています。
このグループの人たちは、
「世界を一つにするためです!」とか
「世界平和を実現するためです」とか。
そんな、ちょっと大げさなことを
バカ真面目に言ってのける人が多いのです。

 

例えば、宗教家や政治家、活動家など
「世の中全体を良くしたい!」という高い理想を持ち、
それを実現することに人生を捧げることができる。
それが、運命数9の生き方なんです。

 

「9」という数字は、全ての数字の到達点であり、
1〜8までの全ての可能性を秘めている数字だ、
とも言われています。
ですから、ある意味ではすべてを持っている人。
ゆえに考え方のスケールも大きいですし、
自信家な方も多いんですよ。

 

普段の生活の中では、小さなことにこだわることはなく、
人やモノにも執着しません。
スピリチュアルな直感力に恵まれているので、
非常に感受性が高く
人が気づかないことにもよく気づくでしょう。

【仕事・才能】 なんでもできる!なんでもなれる!

物質的なものに縛られない運命数「9」の人々は、
ともすれば流浪の民となってしまうかもしれません。
ですが、実は無限の才能と可能性に恵まれた人であり、
職業選択の幅も広いのが強みです。

 

特に、芸術的な分野に適性が高く、
高い感受性を生かして
素晴らしい作品を世に送り出すことができるでしょう。

 

「絵描きになろう!」
なんて大それた目標を立てずとも、
例えばインスタで絵や写真、言葉を発信してみる。
それだけでも、自分が潜在的に持っている
世の中を動かす力の強さを実感できるはずです。

 

ただ、才能が豊か過ぎるがゆえに
職業選択で迷いが生ずる傾向が強いようです。
運命数「9」の人は、
誕生数やハート数など他の数字にも注目して
仕事を選びをすると就活がスムーズになりますよ!

【結婚】理解しにくい性質を受け入れてくれる人が理想!

運命数「9」は人に対して寛容で、
グローバルな物の見方ができる人。
ゆえに、基本的には誰にとっても居心地の良いパートナーとなるでしょう。

 

ただ、物質的なものに全くと言っていいほど執着がなく
誰に対しても時間やお金を提供する人であるため
パートナーのタイプによっては
納得できない思いを抱えることになるかもしれません。
「なぜ人のためにそこまでするのか?」
という点について、しばしば議論になるのじゃないでしょうか。

 

そのような面も含めて、
「この人はこういう人だから」
「そこがこの人のイイ所だから」と
基本的には認めて受け入れてくれる相手が
理想のパートナーといえるでしょう。

 

ただ、あまりにも考え方のスケールが大きい運命数「9」は、
結婚関係も紙切れ一枚の関係と捉えているところがあります。
そのため、雰囲気に流されて他の異性と関係を結んでしまうことも。
本人的にはそれがあまり悪いこととは思っていない面もあり、
しばしば家族の不和を招く原因となるかもしれません。

 

また、束縛したり過度に寛容だったりと、
パートナーや子供に対する態度が安定しないのも
相手を戸惑わせる原因になるかもしれませんね。
愛を失うことを極端に恐れているところがあり、
それゆえに相手に対して極端な行動をとってしまうこともあるようです。

 

やはり、そういった面も含めて
大きく受け入れてくれる相手が理想的です。

グラつく心は努力で立て直そう

愛情深く寛容な運命数「9」ですが、
一方で、気分屋で“不思議ちゃん”な面もあるようで。
現実的な責任から逃避しようとする傾向もあり、
これは職業選択や結婚に支障をきたすこともあります。

 

才能豊かで基本的には何をやってもできる人ですから、
逆に「なにをやったら良いのかわからない」
という状況にも陥りがち。
興味・関心の幅も広いので、
やってみたいことを一つに絞れない傾向もあるようです。

 

その場合は、いくつかの仕事を掛け持ちでやってみる
というのもアリ。
器用な人ですから、そのくらいのことは難なくやってのけるでしょう。

 

気持が変動しやすいので、
高揚したり落ち込んだり・・・と、自分で自分に戸惑うことも。
そんな時は、思った通りに動くことでネガティブな思考を手放し、
意識的に心の平安を取り戻すように努めましょう。