安倍首相は、やっぱり神経質!

 

安倍首相、こと安倍晋三氏は1954年9月21日生まれ。
生まれ日「3」グループですから、
基本的な性質はハッピーで外交的!
とことん楽観的で活発な方で、
どうやらおしゃべりさんのようですね。

 

人付き合いや気晴らしをこよなく愛する人。
営業力や外交力に優れていて、
常にたくさんのプロジェクトを並行してこなせるきような人です。

 

男性的なエネルギーを持つ「3」と、
女性的なパワーのある地のエレメントを併せ持つ人なので、
その時その時で印象が変わる「カメレオン」的な
不思議な魅力の持ち主でもあります。

 

21日生まれさんは、生まれ日3グループの中でも
やや物静かなタイプの方が多い傾向あり。
衝動的にものを言ってしまうことはほぼなく、
ちょっと考えてから言葉を選んで話す方が多いようです。
実際、安倍首相も発言で大きな失敗をしたことはないですよね。
うっかり余計なことを言って辞職に追い込まれる方が多い
政治の世界にあって、ここまで言葉に慎重な方は珍しいです。

 

安倍首相といえば、理想の国家像として
「美しい国」を掲げたことが有名ですが、
それはまさに生まれ日3の美意識の表れ。
21日生まれの方は想像力豊かな方が多く、
快楽と美の追求に人生を捧げる方も多のです。、

 

また、基本的に社交的ではあるのですが、
友達は少なくても大丈夫なほう。
広く浅く、よりも狭く深くを好む傾向があり、
限られた友人たちと親密に付き合うことで心が満たされる人です。

 

ちょっと神経質なところがあり、考え過ぎてしまうタイプのよう。
だから、大腸を患ってしまったのかもしれませんね・・・。

極上の世話役!

次に、生まれ持った資質や傾向を表す「誕生数」を見ていくと、
安倍首相は「4」の性質を持った人。
キーワードとしては
「伝統的」「保守的」「管理者」「自制」「頑固」
・・・と、わりとカタ〜い感じの言葉が並びます。
つまり、安倍首相は「カタい人」なんでしょうね。

 

組織的な実行力や現実的な行動力に優れているので
首相としては高い適性の持ち主と言えるのではないでしょうか。
戦後生まれとして初めて内閣総理大臣に任命された
というのも納得です。

 

誕生数4の安倍首相は、
「極上の世話役」としての顔も持っています。
必要とあらば持てるものを快く提供しますので、
そういう面をトランプ氏は見抜いているのかもしれませんね。

 

ただ、自分にとって重要ではないとみなした人は助けない
というちょっぴり冷酷な面も持ち合わせています。
少数の親友を大切にするタイプで、
どうでもいい人はどうでもいいということ。
この性質が韓国や北朝鮮との外交関係に
ネガティブな影響を及ぼさなければ良いのですが。

 

とはいえ、何かと人から頼りにされる人であることは確かです。
仕事で成功することで人生の満足感を得る人ですから、
老いても仕事をすることで心の平穏を保つタイプ。
年齢を重ねた分だけチャンスにも恵まれる政治の世界は
安倍首相にとって居心地の良いフィールドなのではないでしょうか。

 

ただ、監督する側になると部下に厳しすぎる一面があるようです。
自分のペースで、自分の好きなように進められる時に
再考のパフォーマンスを発揮するタイプですから、
首相の座を退いた後はどうなるのか・・・。

目標は「世界を一つにすること」!?

そんな安倍首相の終着点はどこなのか。
一体、何を目指して政治の世界に入ったのか?
(安倍さんの場合は家系的に政治の道に進まざるを得なかった
という側面は多分にあるかもしれませんが)

 

その答えは、実は「運命数」にしっかりと表れています!
運命数は、その人がこの世界で成し遂げようとしている
人生の「使命」を表す数字。
その人に与えられる機会や環境、
潜在的な可能性などを表すと考えられています。

 

安倍首相の場合は、この運命数が「9」なので、
人道的な理想を追求する夢想家であることがわかります。
平たく言えば、世界のために働く人。
世界を一つにするために
時に自己犠牲を払いながらも働き続ける人なのです。

 

安倍首相の政策については賛否両論ありますが、
この数字を見る限りでは
彼は「聖職者」としての地位にふさわしい人物。
お金のために働くよりも、
人々の人生をより豊かにさせることのほうがずっと重要だ!
と考えて世のため人のために尽力する人なのです。

 

運命数9の人は過去生の学びを内側に統合していける人なので、
物質的な野心には心を動かされず、
知恵の道をひたすらに歩いていく人です。

アッキーは本当に運命の人なの?

ところで、安倍首相といえば昭恵夫人。
傍から見ると、破天荒な奥さまに冷や冷やさせられている
ようにも見えるのですが・・・。

 

「地の3」に分類される安倍首相の運命の相手は
「堅実で現実的な考え方をする人」。
無茶をして、安倍首相をハラハラさせるようなことがなく、
首相を尊敬してそのやり方に合わせてくれる人。

 

これに対して昭恵夫人は「風の1」の人ですから、
みんなの注目を集める、エキセントリックなキレ者。
誰かに従うよりは、独立して自分のペースで
人生を切り拓いていきたいタイプの女性です。

 

あれれ?なんだか安倍首相、
選ぶ相手を間違っていませんか?

 

と心配になってしまいますが。

 

しかし、昭恵夫人の運命の相手は、
いろいろな方面(ヒト、コト、モノ)に目がいってしまう夫人の
ハートの根底をがっちりつかんで離さない
広いキャパと理解力のある相手。
まさに、安倍首相のような男性だったのでしょう。

 

客観的に見れば、昭恵夫人のほうに
メリットが多い結婚生活のように見えますが、
奥さんが幸せだということは、それだけ男性が力を持っているということ。
相手を立てるべきところは立て、
自分の主張したいところはハッキリ主張する。
そのような建設的な関係が築けているようにも見えますし、
なにげに安倍夫妻は理想の夫婦像と言えるのかもしれません。
傍から見るよりも、パワーバランスの取れた夫婦なのではないでしょうか。

 

なにより、昭恵夫人を見つめる安倍首相の
眉毛が下がったちょっぴり困った顔が、
アッキーへの愛を感じさせます!